労作性頭痛

こんにちは yasukunです。

 

ちょうど10日前頃にジムに筋トレしに行った時

の事です。

ベンチプレスをしている時に急に頭の後頭部に

ズキーンという痛みが走りました。

えっ?今のは何の痛み?と思いながらも筋トレ

を続けていましたが、力を入れるのが怖くなり

早々と切り上げて帰りました。

 

それから3日後ぐらいにまたジムに行き、ベン

チプレスをした時にまたも後頭部に痛みが。

 

なんか怖くなりネットで調べたので、その頭痛

の原因などをまとめてみました。

f:id:yasukun2228:20190925222005j:image

 

労作性頭痛とは?

 

労作性頭痛とは、おもに背中や肩にかけての大きい筋肉を使うウェイトトレーニングや格闘技、バトミントン、バレーボール、バスケットボールなどのスポーツに起こりやすいとされています。

重量挙げ頭痛とも呼ばれいます。

頭蓋内の静脈系のうっ血が原因と考えられています。

 

労作性頭痛の原因

原因はまだ解明されていませんが、このような

可能性があると考えられてます。

  • 体の中の水分の不足が原因。
  • 活発に運動することにより脳血管の拡張。
  • 急激な血圧上昇

 

労作性頭痛の対処法

運動や筋トレ前にウォーミングアップを十分時

間をかけて行うことにより怪我の予防だけでな

く、体が、動くことに対して準備をするので体

内の急激な変化を抑える。

 

筋トレを行なった場合はトレーニング後にスト

レッチを必ず行うことで頭痛の発生を防ぐ事が

できます。

 

水分をとる。(脱水状態だと血液の循環が悪く

なり、脳に血液が回らなくなる)。

 

筋肉が緊張していることで出る頭痛の場合は冷

やすのではなく、蒸しタオルなどで温めること

で筋肉の緊張が和らぎます。

 

でも冷やした方がいいとかいてる記事もあるの

で、どっちが正解なのかは不明。

 

ウェイトリフティングで持ち上げ動作をおこな

ったときには血圧が上昇し、頭痛か発生してし

まうことがある。

 

こんな時はこれまでの重量を100%としたら、

70〜80%の負荷で行うようにする。

 

さらに軽いウェイトから始めて少しずつ重くし

ていく。これで続けてみて、調子が良いと判断

したら、元の重さに戻してみる。

 

頭痛が発生しなかったら、そのままやり続けれ

ばいい。

 

最後に

心配だった頭痛が「労作性頭痛」という事を初

めて知り、そして筋トレしていて頭痛になった

という方も、結構いてたので少し安心しまし

た。

 

ウェイトトレーニングをする前にウォーミング

アップをし、筋トレ後はストレッチ。

無理はせず、水分補給をする。

を守って筋トレを頑張っていきます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村