アクセサリーの金属アレルギーについて

 

こんにちは、yasukunです。

 

今回はアクセサリーの金属アレルギーについて書いていきたいと思います。

女性の方のおしゃれには欠かせない、ピアスやイヤリング、そしてネックレスなどのアクセサリー。

でも10人に1人は金属アレルギーをもっていると言われています。

f:id:yasukun2228:20200710221632j:image

金属アレルギーとは

アクセサリーなどを身につけたり使用しているうちに肌がかぶれたり、かゆみ、発疹などの症状があらわれることです。

 

原因として

ジュエリーやアクセサリーに使用される金属の原子が体から出てくる汗で、金属が溶け出して体内のタンパク質と結合しますと、体内ではこれが異物とみなされます。

そして、免疫細胞が過剰に反応してアレルギー症状が、引き起こされるのです。

 

金属アレルギーの疑いがある場合

皮膚科やアレルギー科などを受診して、金属アレルギーの原因となる金属の種類を特定する事をおすすめします。

病院では、パッチテストや血液検査という方法が実施されています。

 

金属アレルギーになりやすい素材

ニッケル、コバルト、パラジウム、クロム、すず、水銀、特にニッケルは最も有名なアレルゲンです。

 

金属アレルギーになりにくい素材

チタン、ジルコニウムタンタル、プラチナ、金

サージカルステンレス

 

ピアスでおすすめの素材

私がピアスでおすすめしている素材は、K18とK14gfです。

K18とは18金のことで、K24 ・K18 ・K14 ・K10の違いは、金の含有量が違います。

K24・・・純金100%

K18・・・金75%/銅・銀など25%

K14・・・金58%/銅・銀など42%

K10・・・金42%/銅・銀など58%

K24は柔らかすぎてすぐに変形してしまう為、装飾品には向きません。他の金属を配合すると硬さが増すので、K18が一般的な金素材として扱われてきました。色味も黄色すぎず、とても綺麗な色合いです。

高級感があり、プレゼントにも最適です。

*K18WGはニッケルが混ざっている場合があるので、ニッケルにアレルギーがある方は避けて下さい。

 

K14gf(ゴールドフィルド)とは

金の層を高熱と圧力で素材(真鍮)に圧着したものです。K14gfは、金によるコーティングの層がはるかに厚いのでアレルギーを起こしにくいと言われています。

 

天然石をK18とK14gfを使ってピアスを作ってます✨

シンプルでかわいい💕ピアスです。

よかったらホームページをみて下さいね

 

ハンドメイドマーケットのミンネ

 

最後に

アクセサリーショップの店員さんもアレルギーに詳しくない店員さんも多いと思います。

金属アレルギーをもっている方は自分自身で、どの金属が原因かを知り、アレルギーにならない素材を知っている事が大事だと思います。

 

ストレスがないアクセサリーでおしゃれを楽しみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。